2021年6月22日火曜日

塾(東進)の話


数学の講座に限定して無料で受けられる数学特退制度というのを使っており、映像授業だから決まった曜日に授業を受けるわけでもないので、かなり適当に使っている。

2月から新年度ということで一度面談をした。担当の方が交代したのもあって、積極的になり、春休みは、週に3回は来ましょう!みたいなことを言われて、なおもうなずいていたが、ふたを開けてみれば結局週に1回程度しか通わず。5月になったら、定期試験もあって、週に1回行くかどうかも怪しい始末。

ただ、数ⅠAのころと違って、さすがに映像授業は見ながら進めている。一応数ⅡBの勉強は自宅と並行して進めており、三角関数まで来たので、なんとか年度内に終わるかな、というペースだ。

6月からは、定期的にアドバイザーの人と面談を、ということになったのだが時間が合わず(いつもは帰宅中に寄っている)。それでも、昨年よりもぐっと向こうの対応が良い。

6月には全国統一高校生テストを受けた(高1部門)。去年の10月と比べると、大幅に偏差値が上がっているのは、成長したのか、同時に受けている生徒たちが一学年下になったからか、はたまた偶然か。

英語は共通テスト予測偏差値とやらで79.6が91.8に。実偏差値ではないが、すさまじい数字がでている。それでも、リーディングもリスニングも満点ではない。どうせなら満点を取ってきてほしいのだが…。数学も偏差値が10ほど上がった。テストから帰ってきたときに手ごたえがあった、と言っていた通り。

国語は、なんと偏差値20アップ!でもまだ50に届いていない。前回がどれだけ悪かったのか伺えるだろう。

東進は、おそらく高1までは今の制度で通い続けるはず。やる気が継続すれば高1で数ⅢCまで終わるかな。どうだろう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2021年6月12日土曜日

とくに何事もなく中3の日々が過ぎていく

前回の更新から一か月以上空いてしまった。中3になったが、高校受験がないということもあって、特に特筆すべきこともない穏やかな日々を過ごしている。

6月に入って、ようやくクラブ活動が再開した。なおのクラブは文科系でもともと週2回しかなく、ちょろっと活動して終わり、ぐらいのものだが、それでもやはり再開すると嬉しい(親が)。公立にはない部活動も私立中学の魅力、と考えると可能な限り正常化してほしい。

中間テストは5月下旬だった。3年生になってもあまり変わらず。数学は基本的に90点オーバーを確保する。証明問題がなければ、特にテスト勉強はいらない。国語は漢字の勉強と、学校で配られる教科書準拠問題集ぐらい。だんだん、平均点プラス10点ぐらいとれることが増えてきた。毎回これぐらい取れれば、評価が3ではなくて4になると思うのだが。理科は、今回は物理分野と生物分野。物理分野は去年、予習しているのでほぼテスト勉強なしに高得点がとれる、とはいっても90点には届かないぐらい。生物分野は逆に少しずつ毎日勉強しているのに(本当に少しだけだが)、平均点ぐらい。暗記物に弱い。社会は、3年生になって公民になり、それなりに家庭学習をしているのだが、今回は平均点を割った。とにかく暗記物に弱い。ただ、歴史と違って、まったく興味がない、というわけではない。

英語は、中間テストでは対象外。その代わり、提出物がある。中2までは宿題の量がたいしたことなかったのだが(定期テストのときに週末ちょろっとやるぐらい)、中3になってからは試験前でも課題ががっつり出ているらしく、平日にも少し取り組んでいることがある。課題の内容は、調べもの(といってもネットで)をしてレポートのようなものをまとめるのに加え、教科書の課題と、準拠のワークブック。先生の方針としては、授業時間とほぼ同じ時間を家庭学習にあててほしい、ということらしい。さすがにそこまで時間は使っていないが、去年までとは段違いだ。

東進の話、家庭での英語の話、英語での読書の話、数学の家庭学習の話はまた近日中に。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2021年4月25日日曜日

最近の英語での読書

この前、なおの英語での読書の記事を書いてから1か月ほど。

あれから読んだのは2冊だけ。

一つ目は、映画化もされたレディ・プレイヤー1の続編。続きが出たと聞いてなおは興奮気味で、一気に読んでしまった。



もう一つは、ノンフィクションで人間の心理に関するもの。私の趣味で、ノンフィクションはこんな系統のものが多くなる。



レディ・プレイヤー2みたいに、好きな小説が出たときは一気に読むがそうではない場合、多少義務のようにして、毎日少しずつ英語に触れている程度。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村