2018年6月21日木曜日

中学受験の教材「合格自在」の話

我が家では中学受験のための家庭学習の教材として、四谷大塚の予習シリーズを使っている。

現在は算国しかやってないが、それでも本科テキストに演習問題集2種類なども加えると、精一杯。とても他の教材に手を出す余裕はなかったし、そもそも、国語であれば漢字に語句に読解に知識に、と必要な情報はすべて網羅されているので、これだけやっておけば大丈夫、という安心感がある。

ただ、6年生上半期の途中の今になって、国語の読解問題が足りなくなってきた。

決して正答率が高いわけではないのだが、テキストも演習問題集(基礎と実践)も上巻相当部分は終わらせてしまった。

算数は間違えた問題は何度でもやり直して理解力を高めることも、計算練習もできるが、国語の読解問題は再度解き直しても意味はない(と私は思っている)。

語句の勉強に時間を割いてもいいが、やはり読解力の訓練は必要だし、受験まで半年ちょっとであることを考えると、毎日やった方がいい。

ということで、追加の問題集をやろう、ということで、予習シリーズと同じように中学受験塾に販売されている、という「合格自在」シリーズのテキスト・問題集を国語だけ入手してみた。以前SNSで教えていただいたものだ。

難易度設定がないので、メインのテキストと「復習自在」という演習問題集の2点のみ。

まずはメインテキストの読解問題を半分ぐらい終わらせてみた。

予習シリーズよりも易しめ、という触れ込みだったのだが、意外なことに、易しい感じがまったくしない。

なおの正解率的には、予習シリーズの標準問題ぐらい。

妙に難易度があるだけでなく、読解問題の基本的な解法の技術がうまく使えないと感じる(私は国語の教師ではないが)。

解きやすさというか、読解力育成のための練習という観点からは、予習シリーズの方が遙かに優れていると思う。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年6月18日月曜日

英検1級は残念

駄目かな、いけるかな、とまったく予想がつかなかった英検の1次は、残念ながら不合格。

Reading 27/41
Listening 23/27
Writing 17/32

CSEスコアは1974ということで、2028には56点及ばず。ReadingとListeningは合格者平均以上なので、やはり足を引っ張っているのはWriting。

配点の詳細がわからないのでなんともいえない、というか、Writingの採点はブラックボックスなので、点数を上げるのは難しい。基本的に、ReadingとListeningで余裕のある点を取れないと、今小学生が英検1級に受かるのは難しそうだ。

作文のお題との相性と採点者運もあるので、合格を目指すなら、とりあえずは受け続けるしかない。

英検1級自体にさほど意味があるわけではないが(中学受験でも明らかな加点は不明)、とにかくなおはやる気だし、そのための勉強もやる!と言っているので、ここは挑戦し続けるしかないだろう。

教材はあるので、秋に向けて、作文その他の練習を続けていこう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年6月17日日曜日

日本の雑誌購読の話

受験勉強のための問題集などはさておき、我が家での日本語の教材ともいえるのは、2つの雑誌。

一つ目は「ニュースがわかる」。最初はマンガばかり見ていたが、最近は少しずつ色々な記事にも目を通しているようだ。450円と安いわりに情報量が多い。

月刊ニュースがわかる 2018年 07 月号月刊ニュースがわかる 2018年 07 月号


もう一つは「子供の科学」。ずっと前から、そろそろ購読してもいいかな、と考え続けてきたのだが、気がついたらもう6年生。

子供の科学 2018年 07 月号 [別冊付録付き]子供の科学 2018年 07 月号 [別冊付録付き]


どちらも、ターゲットは明らかに小学生だが、中1ぐらいまでは余裕でいけそう。

どちらも図書館で借りられないことはないが、最新号は禁帯出だし、やはり常に家にあって暇になったら眺める、というスタイルが大切。

我が家は、昔からこのあたりの教材費にはお金を惜しまないことにしている。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村