2018年11月17日土曜日

goodreadsを参考にもうひとつ

この前の"Warcross"がよかったので、次もgoodreadsから選んでみた。

Fablehaven: The Complete Series (English Edition)Fablehaven: The Complete Series (English Edition)



これは"Fablehaven"シリーズ5冊の合本で、上のデータは最初の巻のもの。難易度は低めで、長さはそこそこ。

対象学年は小学校高学年から中2ぐらいまで。難易度も、ターゲットも、Rick RiordanのPercy Jacksonシリーズに近い。これぐらいの年齢のファンタジー好きにお勧め。

各巻の語彙レベルと語数はこれぐらい。

Book 1 BL 4.8  75,178語
Book 2 BL 5.0 101,355語
Book 3 BL 5.6 109,920語
Book 4 BL 5.1 122,845語
Book 5 BL 5.2 137,008語

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年11月15日木曜日

英検の先を考える

この記事、実は先週ぐらいから書き始めていて、こんな文章で書き始めていた。
英検の2次試験の結果はまだ。落ちていたら、後3回、1次試験が免除になるので、コツコツとスピーチの練習を繰り返すだけ。
結果として受かっていたので、英検の2次対策をする必要はなくなった。

さて、この後どうするか。

語彙力と読解力、ヒヤリング、さらにはスピーキング、ライティングといったいわゆる「英語力」的には、正直、大学進学に充分なレベルに達している。

後は、目標をどこにおくか、だろう。

実は、本人は海外大学への進学を希望している。あまり深いことを考えているわけではなくて、単にアメリカと日本の小学校生活を比較して、アメリカの方が良さそうだと言っているようだ(今の小学校生活は最悪なので)。もちろん、そっちのほうが「カッコ良さそう」というのもある。

実のところ、高校を出てすぐにアメリカの4年制の大学に、というのは費用面から容易ではないので、奨学金を狙うなり、日本の大学から交換留学を狙うなり、工夫をする必要がある。

いずれにせよ、今の時点では、なおに「無理」という必要もつもりもない。

何らかの形でアメリカの大学に、と考えると目標はさらに高くなり、現在の英語力では十分ではない。

TOEFLなりSATなりの対策をしていく、ということになる。実際にこうしたテストを受けるのはずいぶん先になるが、中学進学後もたゆまぬ努力を続けていくことになる(本人も、環境を作る家族も)。



ちなみに、なお的には知り合いの高校生が受けているGTECが次の課題だと思っているらしいが、難易度的には意味がない。

また、普通に日本の大学受験をする場合、英語の受験勉強として、適切な英文和訳ができるようになる、という課題があって、こちらの方は、これからだ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年11月13日火曜日

2次試験もぎりぎり合格

今日は英検の2次試験の合格発表、ということで今までになく緊張しつつログインすると、「合格」の文字が!


作文もそうだが、2次の面接試験も合否の基準がさっぱりわからない。駄目だったとなおが言っていたので、あまり期待はしていなかったが、それでもちょっとは期待していた。

ちなみに、CSEスコアは620点。602点で合格なので、本当にギリギリだ。

2次の分野別得点はこんな感じ。


"GRAMMAR AND VOCABULARY"と"PRONUNCIATION"で9点というのは、さすが親子英語っ子。そして、トピックが高度な社会的知識を必要とするということもあって、"SHORT SPEECH"が7点、"INTERACTION"が6点というのも納得。



合否結果閲覧サービスで見つけたのが「あなたの順位」というページ。

なおのスコアは、4技能の合計点だと思うが、都道府県内で受験者全体の上位1%だそうだ。これはなかなかにすごい。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村