2017年11月20日月曜日

ドリトル先生の無料本と著作権とプロジェクト・グーテンベルクと

著作権が切れた作品を集めてボランティアが管理するデポジトリ、「プロジェクト・グーテンベルク」の話を書いたのが4年前。

「オズの魔法使い」シリーズを読破した後、なおは今「ドリトル先生」シリーズを読んでいる。

著作権が著者の死後何年で切れるのか、というのは実はややこしい問題で、国によって異なる上に、TPPのような協定によって、その時々で変わってくる。

ドリトル先生シリーズの著者、ヒュー・ロフティングは1947年に亡くなっている。日本では原著は著作権が切れているようだ(戦時加算なるものもあるそうだが)。

が、アメリカでは1977年以前に発表された個人の作品はなんと没後95年保護されるそうなので(適当にぐぐった)、まだ70年しか経っていないドリトル先生の場合、まだまだだ。実のところ、保護期間の延長の法律が成立した年とか、作品が発表された年とかが複雑に絡み合ってくる。

プロジェクト・グーテンベルクは国際的なプロジェクトだが、アメリカの法制度に縛られるのか、"The Story of Doctor Dolittle"と" The Voyages of Doctor Dolittle"の2作品だけが手に入る(こちら)。

一方、カナダには独立したプロジェクト・グーテンベルクがあり、カナダでは著作権保護期間が延長されていない上に、日本のように戦争に負けたわけでもないので、比較的多くの作品がパブリック・ドメインになっている。"Lofting, Hugh"で調べると、7冊見つかる。

オーストラリアのグーテンベルクにもあるが、この7冊の他は見つからない。

カナダやオーストラリアのサイトにはKindle向けのフォーマットがないので、テキスト版をそのまま使ってKindleに移して読ませている。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年11月19日日曜日

家庭で冬期講習?その1

今日も近所の中学受験塾、浜学園の無料テスト(オープンテスト)を受けてきて、冬期講習の案内をもらってきた。

これによると、冬期講習は6日間、算国だけで1日2.5時間、計15時間。理科・社会がそれぞれ7.5時間。

ちなみに、この前もらってきた日能研だと、5時間半・6日間プラス、テスト。

どちらも、4教科で計30時間といったところか。

冬期講習に通う予定はないが、自宅で同等の量頑張ろう、ということで計画を立ててみた。

まず、長時間はまだ集中できないので、細切れに短時間の勉強を積み重ねる。

1時間(実質45分で15分休憩)を1日3回、10日間で計30回!

そして、各セッションでは、日々の勉強と同じような感じで、算数と国語を取り混ぜる。



浜学園のオープンテストは学力診断のため、という名目(実質は入塾テスト)なのは理解していたが、問題用紙すら持って帰れないのは残念。おそらく結果は届くはず(入塾許可という形で)だが、問題&答案用紙も来るのだろうか。来ないと受ける意味がほぼなくなってしまう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年11月18日土曜日

中学受験、志望校選びの話

なし崩し的に始まったなおの中学受験、志望校をどこにするか。

受験するのは子ども本人とはいえ、まだまだ精神的に成熟しきらない小学生なので、ここは親が頭をひねらないといけない。

世間の話を聞いていると、子どもが自分で決めた!というケースもあるようだけれど、自分で決めているようでも、実際は親や塾の講師のさりげない(もしくはあからさまな)プッシュによって決まっているんじゃないかな、というのが私の想像だ。

本当は学校見学や説明会にいけば、いろいろと参考になるのだが、今年はいろいろとタイミングが合わず……。

実のところ、私が想定している志望校はひとつある(こちらで話をしたときに想定していたところだ)。

数多くある私立中学校の中でも比較的自宅から近く、かつ理系に力を入れている学校なので、理工系の学部を目指したくなっても大丈夫。

だが、難易度もそれなりで、なおの模試での成績を見ると、算数は足りているが、国語が全然。さらに、英語を使った受験になるので、模試の偏差値を見ても、参考になるやらならないやら。

最終的には来年の今頃か少し前に過去問をやってみて、合格最低点以上をとれるかどうか試してみて判断するしかないのだが、学力が届かなかった、という場合を考えておかないといけない。



算数・国語、できればプラス英語、という受験科目、さらに最寄り駅から電車で20分程度、という縛りを加えると、もう選べる学校はそう多くはない。

などと考えていたら、なおの幼稚園の時のお友達が某中学校のオープンキャンパスに行った、という話を、なおままが聞いてきた。

楽しそうなコンピュータだか何だかのクラブがあってお友達がすごく気に入った、という話を聞いて、なおがすぐさま「ぼくもそこがいい!」。

このお友達、とにかく気立てのよい子で、なおのお気に入り(相手がどう思っているかは不明)。違う小学校に行ってしまったが、ずっと残念がっていた子だ。

通学時間は伸びるが、なおが行きたいというなら、いいのかもしれない。

しかも、ここなら、特進クラスでなければ学力的な要求度もぐっと下がる。

もっとも、親の私としては地元の公立中学の可能性も実は捨ててはいない。決めるのはまだまだ1年後だが、気の揉めることだ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村