2018年11月19日月曜日

大学以降での留学、いくつかのパターン

なおは大学からの留学を考えているようだけれど、他にもいろいろ可能性はあり、それぞれ得られるものも、コストも違う。

ちなみに、もちろん中高からの留学もあるけれど、話がややこしくなるのでここでは除外。

比較的手軽な方から並べていくと、

1.長期休みを使っての短期留学

夏休みや春休みを使っていくパターンで、最近は、大学付属(キャンパス利用?)の語学学校に通うことが多い。レベル的には幅広く対応するはずだが、基本は外国語として英語を学んでいる学生向け。

英語がぐっと伸びたりはしないが、異文化を体験するにはぴったり。

ちなみに、私自身も大学生時代に経験した。アルバイト代を貯めて3週間イギリスのオックスフォードにある語学学校に滞在した。これは一生の記念になったし、その後の人生でも役に立った。

2.学期まるごとを使って短期留学

上と似ているが、大学を休学ないし、「留学」期間として、より長い期間行くパターン。ぐっと英語力を伸ばすことができる。

費用もより多くかかるが、語学学校に通うのは変わらないので、学費は大したことがない。

3.交換派遣留学

各大学に交換派遣留学制度を使う。提携先の学部の授業を受けるので、英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶことになる。英語のハードルは高いし、そもそも人数限定なので競争率が高い。まあ民間の英語資格試験が選抜に使われたりするので、英語力が高い親子英語組は有利なはず。

学費は日本で通っている大学の分を払い、追加で現地の生活費が必要になる。卒業が1年延びるかどうかは大学次第。

また、国際系の学部など、学部によっては全員1年間留学するところも増えてきた。

4.外国人として学部に入学

高騰する学費(特にアメリカ)に加えて4年間の生活費を丸ごと必要とするので、コスト面でのハードルが高い。

入試のプロセスについてはあまり真面目に調べたわけではないので未知数だが、高校の成績表、エッセイ、SATのスコア、TOEFLのスコアなどを送って審査を受けることになるはず。

5.大学院に入学

私自身はこのパターン。修士なら2年で学部4年間よりは短いし、奨学金の可能性も高い。

この前アメリカに滞在していたときには4のパターンでそのままアメリカで就職した人と話したが、大学院からくるぐらいなら、最初から学部からアメリカに来たほうがいいのでは、という意見だった。ただ、それは高3のときにどれだけ自分の進路についてのビジョンが固まっているかによるだろう。

ここに書いた以外でも、たとえば日本の大学に行った後、アメリカの大学に編入するというパターンもあり得るはず。

いずれにせよ、高校以降は、親の希望というよりは、本人がどうしたいかによる。なおの場合、こっちの希望なんてあまり考慮してくれないような気がする。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年11月17日土曜日

goodreadsを参考にもうひとつ

この前の"Warcross"がよかったので、次もgoodreadsから選んでみた。

Fablehaven: The Complete Series (English Edition)Fablehaven: The Complete Series (English Edition)



これは"Fablehaven"シリーズ5冊の合本で、上のデータは最初の巻のもの。難易度は低めで、長さはそこそこ。

対象学年は小学校高学年から中2ぐらいまで。難易度も、ターゲットも、Rick RiordanのPercy Jacksonシリーズに近い。これぐらいの年齢のファンタジー好きにお勧め。

各巻の語彙レベルと語数はこれぐらい。

Book 1 BL 4.8  75,178語
Book 2 BL 5.0 101,355語
Book 3 BL 5.6 109,920語
Book 4 BL 5.1 122,845語
Book 5 BL 5.2 137,008語

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2018年11月15日木曜日

英検の先を考える

この記事、実は先週ぐらいから書き始めていて、こんな文章で書き始めていた。
英検の2次試験の結果はまだ。落ちていたら、後3回、1次試験が免除になるので、コツコツとスピーチの練習を繰り返すだけ。
結果として受かっていたので、英検の2次対策をする必要はなくなった。

さて、この後どうするか。

語彙力と読解力、ヒヤリング、さらにはスピーキング、ライティングといったいわゆる「英語力」的には、正直、大学進学に充分なレベルに達している。

後は、目標をどこにおくか、だろう。

実は、本人は海外大学への進学を希望している。あまり深いことを考えているわけではなくて、単にアメリカと日本の小学校生活を比較して、アメリカの方が良さそうだと言っているようだ(今の小学校生活は最悪なので)。もちろん、そっちのほうが「カッコ良さそう」というのもある。

実のところ、高校を出てすぐにアメリカの4年制の大学に、というのは費用面から容易ではないので、奨学金を狙うなり、日本の大学から交換留学を狙うなり、工夫をする必要がある。

いずれにせよ、今の時点では、なおに「無理」という必要もつもりもない。

何らかの形でアメリカの大学に、と考えると目標はさらに高くなり、現在の英語力では十分ではない。

TOEFLなりSATなりの対策をしていく、ということになる。実際にこうしたテストを受けるのはずいぶん先になるが、中学進学後もたゆまぬ努力を続けていくことになる(本人も、環境を作る家族も)。



ちなみに、なお的には知り合いの高校生が受けているGTECが次の課題だと思っているらしいが、難易度的には意味がない。

また、普通に日本の大学受験をする場合、英語の受験勉強として、適切な英文和訳ができるようになる、という課題があって、こちらの方は、これからだ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村