2019年6月25日火曜日

中学受験の呪縛

家族全員を巻き込んで各家庭でドラマが繰り広げられる点で、中学受験はやはりちょっと特殊だろうと思う。

我が家では1月にはもう終了して、それからはリラックスした日々を過ごしているのだが、数ヶ月経った今でも、中学受験に関連したことを見たり聞いたりすると、とても気になってしまう。

相変わらず、「2月の勝者」は気になって読んでいるし、「教育虐待」なるタームを聞くと、つらつらと色々なことを考えてしまう。

我が家では、なおは私が言うとおりに問題をこなしただけで、驚くような成長は見られなかったし(学力でも人間性でも)、逆にストレスも大したことはなかったはず(流石に不安はあったようだけれど)。

それに、これからの中高一貫の6年間の方が、受験の日々よりも大切で重いことは間違いないのだが、それでも中学受験の話というのは、もう平静で聞いてはいられない話題になってしまった。

さて、大学受験はどうなるか。

中高一貫校の良さを生かして、6年間は課外活動などで有意義に過ごして、さくっと推薦で大学進学する、というのもいいかもしれない。その場合はもっと定期テスト対策に力を入れないといけないか。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2019年6月22日土曜日

科学雑誌Newtonを毎月

この半年ぐらいだが、雑誌Newtonを毎月買うようにしている。



科学に興味のある中学生なら十分興味を持って読める難易度だが、実のところ、まだなおは自分から読むわけではない。

この号では、対数と指数について、派手なビジュアルとともに、すごく基本の部分だけを視覚化してくれている。

とりあえずは、私が見るだけだが、後2、3年で関心を持ってくれないかな、という希望的観測で買い続けている。

ちなみに、Newtonライトという小学生~中学生向けのシリーズもあり、こちらも興味が持てそうなものは買い続けている。

こうした種まき系の購買意欲は、昔は英語のものばかりだったが、最近では英語ではピンとくるものが見つからないので、日本語のものばかりになってしまっている。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2019年6月19日水曜日

英語での読書は続けさせたい

毎日、電車通学をするなお。

進学前は、勉強する!とか言っていたのだが、当然できるはずもなく(笑) ただ、ゲームをするのではなく、せめて読書をするように、と口を酸っぱくして言っている。

今、タブレットにインストールしてあるゲームはチェスとDuolingoのみ。チェスの方は、触る気配を見せないが、最近インストールしたDuolingoは喜んでやっている。1日30分程度に収めるように、と注意をしているが、守らせるのが大変。

肝心の読書に関しては、4月は毎日のように読んでいたが、最近は滞っている。この1ヶ月は以前紹介したソードアート・オンラインを読んでいるようだ(結局、Kindle版を購入し始めた)。

この前試しに買ってみたEragonは最後まで読破せず。人気作だが、なおの好みではなかったようだ。更にいうと、その前のSeptimus Heapも4巻目でストップ。なかなか、読み進める気になる本を探すのは難しい。

Eragon: Book One (The Inheritance Cycle)Eragon: Book One (The Inheritance Cycle)
BL5.6
157,220語


仕方がないな、ということで、別の良さそうなシリーズを買ってみた。こっちはどうなるやら。

The Serpent's Secret (Kiranmala and the Kingdom Beyond)The Serpent's Secret (Kiranmala and the Kingdom Beyond)
BL 5.2
63,503語


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村