2009年10月27日火曜日

とても影響されやすい我が子

我が家には、1歳の誕生日に友人にもらった(Gozzくん、その節はありがとう)熊のぬいぐるみがあった。布地でできていてぱふぱふとしていて、なかなかに抱き心地が良いものだ。

もらった当初こそ、熊のかぶっている帽子の先についたぼんぼんを飽かずがじがじと咬んでしゃぶっていたのだけれど、そのうち、見向きもされなくなり、引き出しにしまわれていた。ときどき、なおぱぱが思い出したようにごっこ遊びに使っていたけれど、それだけ。

それが、つい先週。突如、「なおちゃん、くまちゃんがないとねれないの」発言。それ以来、毎日寝る前になるとくまちゃんを要求するようになった。

くまちゃんを持ってくると、非常に嬉しそうに抱きしめて横になる。

なぜ、突然…。

思い当たる節といえば、ORTのキッパーの愛するテディベア。テディをバスに置き忘れてしまったときは、夜、キッパーはくまちゃんがいないと寝られないと涙ぐむし、川に落としてしまったときは全員で協力してなんとか拾おうとする。いろいろな災難に遭うテディベアだが、この話を読んで、「小さい子どもはテディベアが好きなんだ」「ないと寝られないんだ」ということを学んだのだろう。

なんて影響されやすいんだ…。(くまちゃんは夜寝るとき以外は完全放置状態)。

大人のように、内容で判断することが難しいから、読んだものにすごく影響を受けやすいということだと思う。まだ、ファンタジーの世界と現実の世界が完全には区別がついていない。

この前、水源地にある木道を散歩したときも、小さな小さな橋を渡るとき、なおぱぱが"trip, trap, trip, trap"とおどけて渡っていたら(なおが歩きたがらないので、pick me upが必要だった)、「troll、いる?」と心配そうな表情だった。

Dad, Momという呼び方も、ORTだけに影響を受けて自分で使い始めてしまったし、本の(ビデオもそうだけれど)影響力がいかに大きいのか、思い知らされる。

***

今週解禁したORT Stage 3 Storiesはやはり気に入ったようで、日中なおままが何回かリクエストされたそうだ。今まで買った英語絵本でも、なんどもせがむ本、一度読んだらもういいという本、といろいろ反応がばらつくなかで、ORTはパックで見ると驚異的なヒット率だ。これで値段が1/2なら万人にお勧めなのだけれど。

まだ、筋やオチが簡単な本が好まれているのだが、成長するにつれて、どれも楽しめるようになるだろう。

↓ブログ更新と親子英語のやる気のもと!クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

5 件のコメント:

Carriexxx さんのコメント...

アハハ^^
>(くまちゃんは夜寝るとき以外は完全放置状態)。
なんですね(笑)

でもそれだけ英語も日本語もそれ以外も無限に
子供は吸収していってるような気がします。
質の良いものにたくさん触れさせてやりたいですね!

ORTも使う日が楽しみです♪

GOZZ さんのコメント...

本日(10月27日)は,テディベアズ・デーです.
みなさん,くまちゃんを大切にしましょう.

なおぱぱ さんのコメント...

>Carriexxxさん
昼間はほったらかしているくせに、さあ寝るぞ、となると「くまちゃんどこぉ~」ですから笑っちゃいます。

別にこの時期の影響が一生続くとは思いませんが、与えるものは選びたいと思いますよね。

ORTの利用リポート楽しみにしています。

>Gozzくん

すごい!本当にテディベアズ・デーだ。なんたる偶然。

まめっちママ さんのコメント...

こんにちは。
ORTの日常への影響ってすごいんですね。
くまちゃんと一緒に寝る姿って
この年齢だとかわいくて仕方ないんじゃ
ないでしょうか(笑)
実はうちの娘もいまだに一人では寝られな
いので、布団にぬいぐるみをもって入り
ます。うちはUFOキャッチャーでとった
ウサギとか、くまとかそんなもんばかり
ですが・・・・
朝起きると下敷きになってます。
(かわいそう・・・)

なおぱぱ さんのコメント...

>まめっちママさん

ばれましたか、可愛くてたまりません(^^;

こんなに影響をうけるのは、今、パパ・ママだけじゃなくて、他の人たちがどうしているのか、ということに敏感な時期だからかもしれません。

娘さんなら、ぬいぐるみと一緒に、というのは愛らしいですね。男の子だとそうはいきませんが。